テキストリンク
テキストリンク


日記

受験と少子化

受験と少子化について今回はお話します!


 受験の失敗による受験生本人の尊厳の回復が約束されないままの受験制度の現状存続には、「青少年の尊厳を傷つけるものであり好ましくない」との批判が一部から挙がっているが、一方で「受験は人間が大人になるうえで避けて通れない通過儀礼であり、単に学力だけでなく、競争や自制によって集中力や向上心、自立心等を鍛え、涵養していくためにも重要といえる」と賛成する意見も多く、今もって具体的な解決は為されていない。現在、上級学校で入学試験重視の学校制度を維持している国は先進国では日本を含め少数である。これは、日本では入ることがが困難であるが、外国の大学では卒業が困難であることと密接な関係がある。

とは言え、少子化と学力低下が相まって、選り好みをしなければ大学へ入学するのは極めて容易になった。高度成長期のような受験戦争は、一部の難関校、旧帝国大学や、国公立か私立を問わず人気のある大学、あるいは国公立大学医学部医学科の受験のみのものとなった。

今後の日本の受験はどうなるのでしょうか???

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。